メニュー

部門のご案内

 

診療部

【患者様をよく診る、ご家族様をよく診る、をモットーに…】
当診療部は各専門医師の専門性を活かし、かつ多職種メンバーとチームを組み、より良い診療を目指します。

詳細はこちらのページへ

地域連携室(Z-MCR)

患者様、ご家族様のより良い療養環境や在宅環境を目指し、各種相談内容に対応します。

看護部

看護部の理念

 

私たちは慈しみの心をもって患者様一人ひとりに向き合い、その人の生活の質向上を目指した看護を実践します。

行動指針
1.患者様のために

慈しみの心をもって患者様一人ひとりに向き合い、その人の生活の質の向上を目指した最善の看護を実践します。患者中心の看護とは「患者のためにベストである事」。そのためには、患者・家族の意見が反映され同意を得た看護の提供が必要です。私たちは患者と共に考え、提案しつつ、患者・家族が主体的に選択できるように努力します。

2.職員は

私たちは倫理を順守し、魅力ある職員であることを目指します。
地域密着型の医療と介護が一体化した病院として看護の質向上に努めます。そのためには自己研鑽を積み、私たち自身が自立・自律していくように努めます。「礼儀・接遇・マナー」を大切に魅力ある職員を目指します。

3.長屋病院のために

病院の職員として、他の医療識者とパートナーシップを持って協働し、健全な病院経営に参画します。医療と介護の包括サービスとして、運営に寄与し他の医療識者と共に誠実に誠意をもって尽力します。

4.社会のために

社会のニーズに対応しながら病院・施設・診療所・自宅と連携し、「良いケア」を実践します。

リハビリテーション部

リハビリテーション課長
山下正浩

地域の皆様に愛され、信を頼されるリハビリ部となるよう、理学療法士4名の精鋭が
担当します。
 整形外科畑で20年以上、合計30年の臨床経験を持つ者。
 外国語大学卒で語学に堪能な者。
 鍼灸師の資格も合わせ持つ者。
 小児のリハビリで研鑽を積んだ者。
個性豊かなスタッフがチーム一丸となって、より良いリハビリを提供できるよう頑張り
ます。よろしくお願いします。

薬剤部

薬剤部では入院患者様の個々に合った調剤や注射薬の取り揃えなどを行っています。最適な薬物療法が提供できるよう、情報収集をして院内共有し連携をとりながら日々業務に取り組んでいます。

栄養部

栄養部は安心、安全でおいしい食事の提供をモットーに日々取り組んでいます。患者様、利用者様ひとりひとりの状態、嗜好に合わせることで食べ易く喜んでいただけることを目指しています。その他に栄養相談や情報提供を行うことで、いつまでも楽しく食べられる生活を送って頂けるためのお手伝いができたらと考えています。。

放射線部

放射線科は医師が正確な診断を行いやすい画像を撮影し適切な治療に繋げられるよう、患者様のために医師のサポートを最大限に行うことが役割だと思っています。当院ではX線単純撮影(レントゲン撮影)、CT撮影、透視撮影、病棟でのポータブル撮影を行っています。医師が診断する為の見やすい画像の提供はもちろん、骨の3D画像を作成するなど患者様にも理解していただき易くなるよう工夫をしています。また、撮影の際には患者様への体位やどのように撮影するかを分かりやすく説明し、患者様の不安な気持ちに寄り添った対応を心がけています。

検査部

臨床検査は患者様から採取した血液、尿、便などを検査する検体検査と、直接患者様を対象にして行う生理検査の大きく2つからなっています。迅速かつ正確な検査結果を提供することをモットーに患者様から安心して受診、入院できるように他部署と連携しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME